1/6

本田竹彦 / 本田竹彦の魅力 T.HONDA MEETS RHYTHM SECTION FEATURING S.WATANABE

¥2,200 税込

残り1点

※この商品は、最短で4月20日(土)にお届けします(お届け先によって、最短到着日に数日追加される場合があります)。

別途送料がかかります。送料を確認する

¥20,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

後にNATIVE SONを結成する岩手県出身のジャズ・ピアニスト 本田竹彦。1970年、TRIOからリリースした記念すべき初リーダー作。渡辺貞夫(as)、増尾好秋(g)、鈴木良雄(b)、渡辺文男(ds)とのカルテットで録音。ビートルズのカバー「HEY JUDE」や、アーシーなソウル・ジャズ「AIN‘T TELL YOU A GOOD WAY BUT」等、歌心のある強靭なピアノを聴かせてくれる。和ジャズ傑作。

【CONDITION】
レコード「EX」
盤面上のスレやヘアラインはほとんど見られず、バックチリの少ない良好な状態です。
ジャケット「VG」
全体的にスレが見られます。4角、エッジ部分のスレや剥がれが目立ちます。抜けや割れはありません。

【LABEL】
TRIO / PA-9702 / 1974年 JAPAN PRESS REISSUE PROMO(見本盤)

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (21)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,200 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品